好きこそものの、上手なれ

ゲームのことなどつらつらと

4.0以降に使えそうなもの

予想を立てて仕込んでおこうってやつ



 拡張に向けてギルを稼ごうと言ってもなかなか経済も冷えてて稼ぎづらい現状、アイテムを抱えて手持ちの総資産を増やす方が得じゃないかと思うので、今からでも用意が出来て拡張後に損のなさそうなアイテムを考えてみる。

 無難なものはまずコーディアルライトコーディアルギャザクラのエンジンマニュアルの3つだと思う。上位互換のものが出ることは十分考えられるが、兎に角腐りづらくてあって損はない。
似たような理由でベンチャースクリップも数を抱えておきたいところ。拡張後は皆が一斉に消費するタイミングで、素材の獲得ソースが多ければ多いほどいいのは間違いない。特に安定した確保の望みづらい皮素材の値段はそれなりに高かった記憶。

 拡張までにどれくらいのマテリジャの排出があるかはわからない物の、今後もトークン装備および新式にマテリジャやマテリガをはめることを想定するのであれらも需要はあるはず。ただSSを中心にサブステの調整が入るのは間違いないと思うのでどのマテリジャが値上がりしてどのマテリガが寝下がるのかを予想することは難しく、現状も十分な値段と売れ行きのため抱えるかどうかは判断の迷うところ。どちらにせよ触媒となるコールマターは盛っておいて損はないだろうと思う。
 また、拡張後に今のSSじゃ満足できないって人が新式にSS禁断をする可能性があるため、仕入れ値がやすいのであれば詠唱のマテリガ戦技のマテリガ辺りは面白いかもしれない。

 素材に目を付けると、プリーストオムレツや強化仙薬の素材を抱えておくことも一考の余地があるのではないかと思う。
理由としては、拡張後に最新の食事と薬を用意して攻略する層よりも、劣化版の手頃な食事や薬を求めるプレイヤーの方が多いのではないかと思う。今のステータスだと素材にHQが必要であったりと少々作成にてこずるが、拡張後に70装備でマクロポチーすれば手軽に量産できるのであれば商材としては優秀。ただし、この場合売値は今よりもかなりさがることが考えられるためすべて素材を自前で用意する覚悟は必要。

 後は単価は安いから買ってもいいかなとは思うがシャードクリスタルクラスタはレベリングで簡易制作すれば一気に減るからあらかじめ用意しておくといいかも。またやっぱりレベリングの過程でギャザクラマテリガは確定穴にでも埋めるだけで変わるだろうし、CPもあって損はないだろうからオニオングラタンスープトマトシチュー、加工作業あげられるクリムゾンスープ辺りも好みで用意してもいいのかな。

 後は瞬発的に集めるのが面倒くさい霊砂やデミマテリダ、グラスファイバー辺りがどう動くか考え物。確実に消費するとは言いづらいし余裕があれば用意していいかもしれない。

他に思いついたら適当に更新する。